ニュース?皇冠体育
Topics

  • Home
  • ニュース?皇冠体育
  • 2022年度
  • 細胞内のコレステロールが炎症や動脈硬化を促進?細胞内のコレステロール蓄積の抑制が抗炎症治療となる可能性?

細胞内のコレステロールが炎症や動脈硬化を促進?細胞内のコレステロール蓄積の抑制が抗炎症治療となる可能性?

掲載日:2022/11/24

 日本医科大学 生化学?分子生物学(代謝?栄養学)の早川清雄講師、大石由美子教授らの研究グループは、東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 有機生体材料学分野の田村篤志准教授、由井伸彦教授、皇冠体育大学院医学研究院 疾患システム医学の眞鍋一郎教授との共同研究で、細胞内コレステロールの上昇がマクロファージの炎症応答に必須であること、また、コレステロールの蓄積を抑制する薬剤PRXで動脈硬化が防ぐことができる可能性を新たに発見しました。
 この研究は、日本医療研究開発機構(AMED) の革新的先端研究開発支援事業(PRIME)「生体組織の適応?修復機構の時空間的解析による生命現象の理解と医療技術シーズの創出」研究開発領域における研究開発課題「細胞代謝が規定するマクロファージの多様性に基づく筋修復メカニズムの解明」(研究開発代表者:大石由美子)、文部科学省科学研究費補助金等の支援のもと行われたもので、その研究成果は2022 年11 月22 日正午(米国東部時間)、国際科学誌であるJCI Insight 誌で公開されます。

cholesterol_HP02.png

プレスリリース本文はこちら